投資信託

【初心者必見】投資信託の指標「トータルリターン」とは?

トータルリターンサムネイル

投資信託を購入する際や購入した後、気になるのは「投資信託の運用成績」ですよね。

自分がどれくらい儲かっているのか、人によっては毎日気になってしまうものです。

 

以前に投資信託の「基準価額」について解説をしましたが、

今回は投資信託の運用成績を測る、「トータルリターン

について解説していきたいと思います。

 

投信の総論は以下の記事でまとめています。

 

投資信託におけるトータルリターンとは?

トータル・リターンとは、投資信託だけではなく、

株式投資、債券投資でも用いられる指標です。

 

内容としてはシンプルで、

年間の投資に対する「利益」or「損失」のことを指します。

 

但し、トータルリターン(%)は単純なものではなく、

  • 再投資された配当金
  • 利息の支払い
  • 投資対象

の価格増減が含まれていることを把握しておきましょう。

 

計算方法としては、

(価格増減+配当等) ÷ 購入価格(投資コスト)

 

となり、パーセンテージでトータルリターンは表されます。

 

投資信託資料館の例文を読んで把握してみましょう。

 

例えば、1年前に10100円で購入した投資信託が値上がりして10200円になっており、この間に20円の分配金が支払われたケースを考えてみましょう。

この場合、トータル・リターンは 100円(値上がり益)+20円(配当金)/10100円(購入時の基準価額)=+1.1%です。

(引用:トータルリターンの計算例

 

似たもので、「騰落率」というものがあります。

騰落率は一定の期間に「基準価額」がどれだけ上下したかを表します

 

期間は、

  • 前日比
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 3ヵ月
  • 6ヵ月
  • 1年
  • 3年
  • 5年

といった具合に期間分けされています。

 

トータルリターンは、

投資信託にかかった「手数料」「分配金」などを含めて計算しています。

 

トータルリターンは一定の期間でどれだけ値が上下したかを表したものとなります

 

トータルリターンの方が「リアル」な儲けを表していると言えますね。

 

では具体例をもう少しみていきましょう。

 

人気の投資信託はトータルリターンは高いのか?

具体的に、販売ランキングに登場している投資信託をみてみましょう。

人気の投資信託

 

トータルリターン1年で、

  • 2位のSBI-SBI 日本株3.7ベアIII:▲49.26%
  • 3位のニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド:21.17%
  • 4位の三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500):24.54%

すでにブレ幅がひどいことになっていますが(笑)

3位、4位のリターン成績は非常に素晴らしい形になっています。

 

但し、気をつけなければならないのは、

「トータルリターン」とはあくまで過去の実績であり、

投資信託を購入する場合は今後の見通しを分析する必要があるのです。

 

例えば、私のブログでは、過去の実績だけに留まらず、

常に将来性を分析しています。

以下は一例として注目の新興国の投資信託の過去の実績と今後の見通しを予測しています。

 

 

投資信託を単純に基準価額とトータルリターンだけをみて、投資をしてしまう人がいますが、

本来は投資とは、未来を予測した上で投資し、結果をみて予測の精度を高めていき、

運用を成功させていくものなのです。

 

非常に骨の折れる作業が伴うものです。

 

実際に1位となっているひふみプラスも現状は好成績を残していますが、

株式市場の専門用語であるβ値の水位が0.8未満から1.0となっており、

TOPIXと連動する形になっていますが、直近は資産運用の増大に伴い、

下落耐性が低下しており、私個人的には今後はそこまでの運用成績を期待できないのではと分析しています。

 

このように、過去の運用実績だけではなく、今後の運用見込みを分析する必要があります。

 

この記事のまとめ

今回はトータルリターンについて解説をしてきました。

上記で述べたように、トータルリターンは投資信託の過去の運用実績を見るには非常に有意義なものですが、

あくまで投資は将来を予測して、資金は投じなければなりません。

 

私が将来を予測した上で資金を投下している、おすすめの運用先はランキングにまとめておりますので、

そちらを参考にしてみてくださいね。

資産を大きく増やすのに適した今まさに飛躍の時を迎える投資先!
新興国投資信託

おすすめファンドランキング
昨今新興国の勢いは留まるところを知らず、世界のGDPに占める比率は50%近くに達し、更に高い成長率を維持して世界経済の中で存在感を年々高めています。

当然、経済成長に伴って企業の収益成長率も世界の成長率を大きく上回っています。

先進国と新興国の経済成長率の差

しかし、2010年代は先進国株が堅調に推移したため、新興国企業は収益を伸ばしているにもかかわらず株価は低迷していました。
結果的に新興国株式の割安度は高まりつづけています。

新興国株式は割安

現在はいわばマグマが溜まっている状態で、2020年代は2000年代に堅調だった新興国株の時代が再び来ると想定されています。

とはいえ適当に選んだ新興国に投資しただけでは大きなリターンを得ることはできません。
新興国の中には投資環境が整っていない国や政治的に不安定な国が数多く存在しているからです。

新興国投資で大きなリターンを得るためには、

✔︎ 成長力・企業成長力が高い
✔︎ 株価が上昇するのに適した経済水準
✔︎ 株価が割安
✔︎ 現地の情報が得られる敏腕ファンドマネージャーが銘柄を厳選

などといった条件を満たす必要があります。

特に最後の観点が抜け落ちがちなのですが、やはり腕利きのファンドマネージャーが運用しないとなかなか市場平均を上回る高いリターンを望むことができません。

いわゆる大企業が運用する投資信託はマネージャーがサラリーマンとして雇われの身であり、結果にコミットするという観点では物足りない部分があります。

そのため、私は運用を任せるのであれば本物のプロとして己の腕一本でのし上がっているヘッジファンドが効果的であると考えています。

以下では長年新興国株投資を含めて投資を行なってきた私の経験や知見からヘッジファンドを含めておすすめできるファンドをお伝えしています。

新興国投資で大きなリターンを得たいと考えられている方は参考にしていただければと思います。

おすすめファンドランキング