中国投資信託・ETF

評判の中国株投信「三井住友・ニュー・チャイナ・ファンド」の評価と今後の見通しは?基準価額推移などを詳しく解説!

三井住友・ニュー・チャイナ・ファンドサムネイル

資産運用を考えている人の中には「中国」への投資を検討している人が多いのではないでしょうか。

また、中国への投資を考えるのであれば、会社員の方であればまず投資信託を検討すると思います。

 

中国株全体については以下の記事で論じています。

その中でも投資信託を購入する場合、つまり企業の運用のプロに任せる場合は、

どのくらいのリターンが実際に見込まれるのでしょうか?

 

今回は中国株投信で評判の商品「三井住友・ニュー・チャイナ・ファンド」

の運用状況と、今後の見通しを解説していきたいと思います。

 

その他の中国投資信託については以下で分析をしているので参考にしてみてくださいね。

 

三井住友・ニュー・チャイナ・ファンド- 概要と運用方針 –

三井住友・ニュー・チャイナ・ファンドはいわゆる「ファミリーファンド」です。

三井住友ニューチャイナファンドの運用スキーム

参照:交付目論見書

 

まず投資者は三井住友・ニュー・チャイナ・ファンドに投資します。

そして三井住友・ニュー・チャイナ・ファンドがニュー・チャイナ・マザーファンドに投資します。

最終的にニュー・チャイナ・マザーファンドが中国国内で事業展開する企業の株式に投資・運用します。

 

ファミリーファンドと言えば、以前に紹介した「HSBCチャイナオープン」や「チャイナ・ロード」と同様の形態ですね。

     

    投資方針は以下のように開示されています。

    ① エクセレント・カンパニーに厳選して投資します。

    中国国内で事業展開している企業の中から、中長期的な運用視点に基づき、 各業種毎に競争力の強いエクセレント・カンパニーに厳選して投資します。

    ② 新規公開企業にも選別投資します。

    中国を代表する企業の新規公開にも着目し、 選別投資することにより、より高い収益確保を狙います。

    ③ 外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジを行いません。

    ④ 実質的な運用はスミトモ ミツイ DS アセットマネジメント(ホンコン)リミテッドが行います。

    引用:交付目論見書

     

    運用プロセスも細かく開示されています。

    三井住友・ニュー・チャイナ・ファンドの運用プロセス

    参照:交付目論見書

     

    5000銘柄から500-550銘柄まで絞り込み、各拠点アナリストやファンドマネジャーが企業訪問を行い調査、分析を実施します。

    その後アナリスト会議を経て香港、東京、上海支店で投資方針を決定したあとに、ファンドマネジャーが銘柄を選定しています。

    最終的に約40-70銘柄に投資することとなります。

     

    組入上位銘柄は以下の通りです。

    順位 銘柄名 市場 セクター 比率(%)
    1 アリババ・グループ・ホールディング 香港 小売 7.0
    2 テンセント 香港 メディア・娯楽 6.6
    3 JDドットコム 香港 小売 6.3
    4 CRRCタイムズ・エレクトリック H株 資本財 3.6
    5 ENNエナジー 香港 公益事業 3.5
    6 美団(メイトゥアン) 香港 小売 3.3
    7 AIAグループ 香港 保険 3.0
    8 台湾セミコンダクター その他 半導体・半導体製造装置 2.9
    9 北京キングソフト・オフィス・ソフトウェア 上海A株 ソフトウェア・サービス 2.6
    10 サニー・オプティカル・テクノロジー 香港 テクノロジ・ハードウェア・機器 2.6

    参照:マンスリーレポート

     

    多くの他中国株投信同様アリババとテンセントが上位2銘柄ですね。

    TOP3のアリババ、テンセント、JDドットコムで上位20%を占めています。

     

    三井住友・ニュー・チャイナ・ファンドは中国経済の今後の成長を見越して株式投資を実行し、運用益を上げていく方針ですが、どのくらいのパフォーマンスを実際に出しているのでしょう。

     

    三井住友・ニュー・チャイナ・ファンドの運用成績・パフォーマンス

    三井住友・ニュー・チャイナ・ファンドはベンチマークを設けていないので、基準価額とトータルリターンを見ていきましょう。

    三井住友・ニュー・チャイナ・ファンドの基準価額推移

    参照:マンスリーレポート

     

    基準価額は参考指数であるMSCIチャイナを上回っています。

    詳しく数字を見ていきましょう。

    1年 3年
    (年率)
    5年
    (年率)
    10年
    (年率)
    トータルリターン 11.99% 10.44% 12.50% 10.23%
    カテゴリー 14.57% 10.15% 12.57% 9.98%
    標準偏差 20.59 21.64 18.00 21.74
    カテゴリー 20.75 23.05 19.19 23.05
    シャープレシオ 0.58 0.48 0.69 0.47
    カテゴリー 0.72 0.43 0.65 0.43
    ファンド数 46本 38本 34本 33本

     

    トータルリターンは年率でそれぞれ1年で11.99%、3年で10.44%、5年で12.50%、10年で10.23%となっています。

    長期にわたって10%以上のリターンを確保しており、各期間の利回りは優秀な部類に入っていると言えるでしょう。

    しかし、これだけでは三井住友・ニュー・チャイナ・ファンドの真の実力は測れませんので、他の中国株式投信と比較してみましょう。

     

    他の中国株投資信託との比較

    今回は以下3つの投資信託と比較してみました。

    • 三菱UFJチャイナオープン
    • HSBCチャイナオープン
    • UBS中国株式ファンド

     

    基準価額、純資産は 2021年08月13日 現在
    トータルリターン等評価情報は 2021年07月31日 現在

    ファンド名 三井住友・
    ニュー・
    チャイナ・ファンド
    三菱UFJ
    チャイナ
    オープン
    HSBC
    チャイナ
    オープン
    UBS
    中国株式
    ファンド
    販売手数料 3.3% 3.3% 3.3% 3.3%
    信託報酬等(税込) 1.98% 1.67% 1.98% 1.97%
    トータルリターン1年 11.99% 13.64% 11.01% -3.13%
    トータルリターン3年(年率) 10.44% 8.15% 5.90% 8.71%
    トータルリターン5年(年率) 12.50% 12.59% 11.82% 17.84%
    トータルリターン10年(年率) 10.23% 10.15% 9.46% 14.05%
    シャープレシオ1年 0.58 0.60 0.47 -0.16
    シャープレシオ3年 0.48 0.34 0.25 0.41
    シャープレシオ5年 0.69 0.64 0.60 0.98
    シャープレシオ10年 0.47 0.45 0.39 0.65
    標準偏差1年 20.59 22.90 23.23 19.04
    標準偏差3年 21.64 24.00 23.78 21.26
    標準偏差5年 18.00 19.62 19.82 18.29
    標準偏差10年 21.74 22.52 24.01 21.77

     

    長期ではUBS中国株式ファンドが、短期では三菱UFJチャイナオープンが良い成績を残しています。

    三井住友・ニュー・チャイナ・ファンドは安定していますが、中国株投信の中では特に優れた成績というわけではなさそうです。

     

    三井住友・ニュー・チャイナ・ファンドの高い手数料

    最後に手数料を確認しておきましょう。

    三井住友・ニュー・チャイナ・ファンドの購入手数料は3.3%(税込)ですね。

     

    中国株式で運用する投資信託と購入手数料の相場は変わりません。

    一般的な投資信託のアクティブ型とも手数料は同水準です。

    一方で信託報酬は年率で1.98%(税込)となり、大変高い水準にあります。

     

    これは上記で述べたように、マザーファンドを通してボトムアップ型の入念なリサーチによる調査を実施したり、企業訪問などを実施していることで費用がかかるためです。

    参考までに、以下は金融庁が発表している日本の投資信託のアクティブ型の手数料平均です。

    日米の公募投信のコスト比較

    参照:金融庁

     

    やはり海外投資ですのでコストは高くなってしまいますね。

     

    三井住友・ニュー・チャイナ・ファンドのまとめ

    三井住友・ニュー・チャイナ・ファンドは株価上昇が期待される中国株を厳選して投資運用を実施しています。

    安定したリターンを挙げているものの、新興国投資の妙味である高いリターンを挙げるにはやや物足りない水準となっています。

    その割には手数料もやや高いのであまり魅力的な投資先とは言えません。

     

    もし魅力的な投資先を探しているのであれば、私が独自で作成しているランキング記事などでおすすめ投資先を紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

    資産を大きく増やすのに適した今まさに飛躍の時を迎える投資先!
    新興国投資信託

    おすすめファンドランキング
    昨今新興国の勢いは留まるところを知らず、世界のGDPに占める比率は50%近くに達し、更に高い成長率を維持して世界経済の中で存在感を年々高めています。

    当然、経済成長に伴って企業の収益成長率も世界の成長率を大きく上回っています。

    先進国と新興国の経済成長率の差

    しかし、2010年代は先進国株が堅調に推移したため、新興国企業は収益を伸ばしているにもかかわらず株価は低迷していました。
    結果的に新興国株式の割安度は高まりつづけています。

    新興国株式は割安

    現在はいわばマグマが溜まっている状態で、2020年代は2000年代に堅調だった新興国株の時代が再び来ると想定されています。

    とはいえ適当に選んだ新興国に投資しただけでは大きなリターンを得ることはできません。
    新興国の中には投資環境が整っていない国や政治的に不安定な国が数多く存在しているからです。

    新興国投資で大きなリターンを得るためには、

    ✔︎ 成長力・企業成長力が高い
    ✔︎ 株価が上昇するのに適した経済水準
    ✔︎ 株価が割安
    ✔︎ 現地の情報が得られる敏腕ファンドマネージャーが銘柄を厳選

    などといった条件を満たす必要があります。

    特に最後の観点が抜け落ちがちなのですが、やはり腕利きのファンドマネージャーが運用しないとなかなか市場平均を上回る高いリターンを望むことができません。

    いわゆる大企業が運用する投資信託はマネージャーがサラリーマンとして雇われの身であり、結果にコミットするという観点では物足りない部分があります。

    そのため、私は運用を任せるのであれば本物のプロとして己の腕一本でのし上がっているヘッジファンドが効果的であると考えています。

    以下では長年新興国株投資を含めて投資を行なってきた私の経験や知見からヘッジファンドを含めておすすめできるファンドをお伝えしています。

    新興国投資で大きなリターンを得たいと考えられている方は参考にしていただければと思います。

    おすすめファンドランキング