〜2020年台に再び飛翔の時を迎える新興国〜

新興国株式投資で大きく資産を増やそう!

インド投資信託・ETF

評判の日本生命グループ運用の「ニッセイ・インド厳選株式ファンド(資産成長型)」を徹底評価!

今後の経済成長が見込まれるインドの投資信託について、様々な記事で見ています。

特にインドは中国の後に世界の覇権を握る可能性が高い国ということもあり各社力を入れているのが伺えます。

 

今回は「ニッセイ・インド厳選株式ファンド(資産成長型)」について解析していきたいと思います。

他のインドの投資信託については以下の記事群にまとめていますので、

参考にしてみてくださいね。

 

 

ニッセイ・インド厳選株式ファンド(資産成長型)の概要・運用方針

ニッセイ・インド厳選株式ファンドと2018年3月26日から運用開始した歴史の浅い投信です。

マザーファンド(以下の仕組み参照)を通じて、インド株式への投資をメインで実施しているのが特徴となります。

 

委託会社・ニッセイアセットマネジメント株式会社(日本生命の連結子会社)が運用をおこなっています。

しかし、運用にあたっては「リライアンス・ニッポンライフ・アセットマネジメント」からインド株式市場に関する調査・分析等の助言を受けています。

分配に関しては年に2回としています。(為替リスクのヘッジはなし)

 

リライアンス・ニッポンライフ・アセットマネジメントとはインドのムンバイに籍を置く資産運用会社です。

「日本生命保険相互会社」つまりニッセイが49%所有している会社ですね。

 

日本生命保険相互会社(社長:筒井義信、以下「当社」)は、リライアンス・グループ傘下の資産運用会社リライアンス・ニッポンライフ・アセットマネジメント社(CEO:サンディープ・シッカ、本社:ムンバイ、以下「RNAM」)に対して、

2012年8月に26%を出資し、2015年10月にRNAMの親会社リライアンス・キャピタル社と最大49%までの引上げに合意して以降、段階的に出資比率を高めてまいりました。

本日、発行済株式数の4.43%の追加取得を完了し、出資比率を44.57%から49%に引上げました。

(引用:日本経済新聞

 

同社はインド債券・株式、金などを投資対象として運用商品を提供しており運用資産規模も6.7兆円と大規模です。

ファンドの仕組みとしては以下の通りとなります。

ニッセイ・インド厳選株式ファンド(資産成長型)の運用スキーム

参照:交付目論見書

 

一般投資家のあなたはまず、

「ベビーファンド」であるニッセイインド厳選株式ファンドに出資します。

 

ベビーファンドは「マザーファンド」を経由してインドの株式などに投資し運用益を出し、

得た利益を投資家に分配するという流れとなっています。

 

少し複雑ですが、多くのベビーファンドが他にもあり、

マザーファンドに預け入れ金額規模を大きくした上で運用をした方が運用益をあげやすいということですね。

 

ニッセイインド厳選株式ファンドはベンチマークを設定していません。

ポートフォリオを現地アセットマネジメント会社の助言を通じて構築し、

リターンを目指していくという形を取っています。

ニッセイ・インド厳選株式ファンド(資産成長型)のポートフォリオ構築プロセス

参照:交付目論見書

 

それではニッセイ・インド厳選株式ファンドの運用成績をみていきましょう。

 

コラム:資産成長型かどうかの違い

 

ニッセイ・インド厳選株式ファンドには通常バージョンとニッセイ・インド厳選株式ファンド(資産成長型)の二種類があります。

両者の違いは分配金を出す頻度にあります。

 

通常バージョンは年間4回分配金を拠出しますが、資産成長型では年間2回の分配金に留めています。

分配金を出すということは投資元本が減少してしまいます。

上昇していくことが見込まれるのであれば分配金を拠出しない方が最終リターンが大きくなります。

 

インドは今後成長することが確実なので、資産成長型について今回取り上げています。

 

ニッセイ・インド厳選株式ファンドの運用成績(リターン)

では一番重要なニッセイ・インド厳選株式ファンドの運用成績を確認して行きたいと思います。

以下はニッセイ・インド厳選株式ファンドの運用成績です。

ニッセイ・インド厳選株式ファンド(資産成長型)のトータルリターン

参照:MORNINGSTAR

 

トータルリターンの定義については以下となっています。

簡単にまとめると分配金を再投資した上での成績です。

 

また保有期間に応じて発生する信託手数料については控除されますが、最初の購入手数料については加味されていません。

最終リターンは上記よりも購入手数料分だけ低くなります。

 

リターンというのは投資による収益のことですが、ここではパフォーマンスを測定するうえでよく使用される「トータルリターン」の考え方とその計算方法について触れてみましょう。トータルリターンとは、収益分配と値上がり益の推移を測定した数値です。但し、その計算方法は、収益分配金の取り扱いにより大きく分けて2通りあります。

  • 1. 収益分配金を分配時に全額再投資したものとして計算する。
  • 2. 収益分配金を受け取り最終時点の基準価額に加算し計算する。

モーニングスターでは、ファンドの長期投資をすすめ、いかに再投資による複利効果が大きいかを重視するため、(1)の方法で計算します。これは、収益分配金を分配時に再投資したと仮定し、トータルリターンの算出を行います。基準価額を利用することから販売・募集手数料、換金手数料は控除されていませんが、間接的なコスト(信託報酬、売買委託手数料、など純資産から控除されるもの)は控除済みのリターンとなっています。

引用:Morning Star

 

運用期間は短いとはいえトータルリターンはかなり悪い成績となっています。

ではインドの指数や他のインド投信とトータルリターンを比べてみましょう。

 

他インド株投資信託との比較- 相対的に低いパフォーマンス -

トータルリターンが3ヶ月で2.23%となっているニッセイインド厳選株式ファンドですが、

他のインド株投資信託との比較を見ると、相対的にパフォーマンスが低いことがわかります。

 

基準価額、純資産は 2021年03月25日 現在
トータルリターン等評価情報は 2021年02月28日 現在

ファンド名 ニッセイ・インド
厳選株式ファンド
(資産成長型)
HSBC
インドオープン
新生・UTI
インドファンド
(ノムラ・アジア)
ノムラ・印度・
フォーカス
高成長インド・
中型株式
ファンド
基準価額 10,988円 21,615円 26,061円 22,187円 10,736円
純資産 67 百万円 63,640 百万円 30,128 百万円 57,164 百万円 68,794 百万円
販売手数料 3.3% 3.85% 3.85% 3.3% 3.85%
信託報酬等(税込) 1.93% 2.20% 1.95% 1.93% 2.05%
運用年数 2年 16年 14年 11年 9年
トータルリターン1年 15.00% 19.68% 26.68% 11.46% 17.53%
トータルリターン3年
(年率)
-- 2.43% 12.38% 1.30% 3.70%
トータルリターン5年
(年率)
-- 11.59% 17.54% 13.51% 13.27%
トータルリターン10年
(年率)
-- 4.71% 14.54% 9.68% --
シャープレシオ1年 0.33 0.44 0.65 0.27 0.37
シャープレシオ3年 -- 0.08 0.44 0.05 0.12
シャープレシオ5年 -- 0.46 0.73 0.54 0.51
シャープレシオ10年 -- 0.16 0.59 0.37 --
標準偏差1年 46.03 44.82 41.24 43.27 46.94
標準偏差3年 -- 29.91 28.37 29.04 30.80
標準偏差5年 -- 25.40 23.97 24.91 25.94
標準偏差10年 -- 28.56 24.75 26.27 --

 

運用レコードが短いので十分な比較ができるわけではありません。

しかし、直近1年のリターンをみると凡庸な成績となってしまっています。

 

HSBCインドオープンに比べればましですが経済成長が爆発的に起こっているインドに投資している割にはリターンは小さいと思わざる得ません。

 

比較するとよくわかりますが、やはり新生・UTIインドファンドが今は有望銘柄となるでしょう。

更に注目したいのは標準偏差の高さで、ニッセイ・インド厳選株式ファンドは上記4つのファンドの中でもトップです。

 

標準偏差は投資の世界ではリスクとして認識されており、価格変動のブレ幅ということを意味します。

ブレ幅が最も見込まれる商品ということですね。

 

過去1年のリターン15%と標準偏差46.03%から今度1年間のリターンは以下の範囲に収まることが想定されます。

 

【68.2%の確率】

15% – 46.03% (▲31.03%) ~ 15% + 46.03%(+61.03%)

 

【95%の確率】

15% – 46.03%×2 (▲77.06%) ~ 15% + 46.03%×2(+107.06%)

 

大きなリターンが狙える反面、資産が半分になってしまう可能性も考慮しないといけません。

 

ニッセイ・インド厳選株式ファンドの手数料

インド株投信の手数料は基本的に高いのですが、ニッセイ・インド厳選株式ファンドも非常に高い手数料が設定されています。

 

インドのリサーチ(運用)会社(リライアンス・ニッポンライフ・アセットマネジメント)からの情報取得、助言などの費用も掛かります。

更にインド株の市況をリサーチ、ポートフォリオ組成など手間暇+人件費がかかることから、どうしても手数料は高くなってしまいます。

 

購入手数料は購入時に基準価額に対して3.85%(税込)、信託報酬は年率1.93%が定められています。

手数料に見合うパフォーマンスが見込まれるのであれば納得のいくところですが現状の運用成績ですと厳しい部分がありますね。

 

ニッセイ・インド厳選株式ファンドのまとめ

ニッセイ・インド厳選株式ファンドは、

株価上昇が期待されるインド株を厳選して投資運用するまさにインド株の「プロ」である位置付けす。

 

一般投資家を集めていますが現状まだまだ運用成績が芳しくなく、

トータルリターンも低く、標準偏差も高いため、あまり魅力的な投資先とは言えません。

 

新興国投資関連についてはランキング記事などでおすすめ投資先を紹介していますので、ぜひ確認してみてくださいね。

資産を大きく増やすのに適した今まさに飛躍の時を迎える投資先!

新興国投資信託

 

おすすめファンドランキング

 

昨今新興国の勢いは留まるところを知らず、世界のGDPに占める比率は50%近くに達し、更に高い成長率を維持して世界経済の中で存在感を年々高めています。

 

当然、経済成長に伴って企業の収益成長率も世界の成長率を大きく上回っています。

先進国と新興国の経済成長率の差

 

しかし、2010年代は先進国株が堅調に推移したため、新興国企業は収益を伸ばしているにもかかわらず株価は低迷していました。
結果的に新興国株式の割安度は高まりつづけています。

新興国株式は割安

 

現在はいわばマグマが溜まっている状態で、2020年代は2000年代に堅調だった新興国株の時代が再び来ると想定されています。

とはいえ適当に選んだ新興国に投資しただけでは大きなリターンを得ることはできません。
新興国の中には投資環境が整っていない国や政治的に不安定な国が数多く存在しているからです。

 

新興国投資で大きなリターンを得るためには、

✔︎ 成長力・企業成長力が高い
✔︎ 株価が上昇するのに適した経済水準
✔︎ 株価が割安
✔︎ 現地の情報が得られる敏腕ファンドマネージャーが銘柄を厳選

などといった条件を満たす必要があります。

特に最後の観点が抜け落ちがちなのですが、やはり腕利きのファンドマネージャーが運用しないとなかなか市場平均を上回る高いリターンを望むことができません。

いわゆる大企業が運用する投資信託はマネージャーがサラリーマンとして雇われの身であり、結果にコミットするという観点では物足りない部分があります。

そのため、私は運用を任せるのであれば本物のプロとして己の腕一本でのし上がっているヘッジファンドが効果的であると考えています。

 

以下では長年新興国株投資を含めて投資を行なってきた私の経験や知見からヘッジファンドを含めておすすめできるファンドをお伝えしています。

新興国投資で大きなリターンを得たいと考えられている方は参考にしていただければと思います。

 

おすすめファンドランキング

-インド投資信託・ETF

Copyright© 新興国株式投資で大きく資産を増やそう! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.