おすすめ資産運用・投資先

金融資産5,000万円あったら資産1億円は目前!?おすすめ運用先を紹介!

ミリオネアサムネイル

5,000万円という資産をお持ちの方は日本でも準富裕層の域にいます。

5,000万円を貯金するのはとても大変です。

 

30〜40代くらいの普通の会社員であれば商社やメーカーで新興国で駐在を複数回していなければ難しいでしょう。

外資系投資銀行勤務でバリバリ仕事していれば30代を前に達成することが可能な水準でもあります。(日本でも限られた人々ですね)

50代であれば、コツコツと節約をし、資産運用もある程度上手く実行していれば、ギリギリ達成可能な水準ですね。

あるいは突如相続することになって保有している方もいらっしゃるかもしれません。

 

最も多いのは、定年を迎えてこれまでの貯金と退職金を合わせてようやく5,000万円を手にする人が多いでしょう。

しかし、5,000万円の資産では老後の生活を余裕を持って送ることは少し難しいです。

 

この点は、以下の記事で解説しているので参考にしてみてください。

 

私は1億円の資産を築くことで、本当の老後の安泰を手に入れることができると考えています。

今回は5,000万円の資産をお持ちの方に向けて、いかに投資するのが1億円の資産を築くのに最も効率的かを解説していきたいと思います。

 

65歳の定年で貯金5,000万円以上あったら資産運用で1億円を目指そう

5000万円の資産をさらに増やそうと思ったら、金額が大きい分慎重になってしまいますよね。

 

やはり元本割れは避けたいと考えると、元本保証を考えてしまいます。

若しくは米国債などで確実に運用していくことを考えると思います。

元本保証は定期預金で多くて利回り0.15%程度、米国債は利回り3%と考えて、何年で1億円に届くのかをまずはみてみましょう。

5000万円運用

 

定期預金では30年掛かっても、52,221,298円となり、収益は2,221,298円となりますね。

これは年間に直すと74,043円、月に直すと6,170円です。

元本保証なので仕方ない水準ですね。

 

資金をひたすら守ってもらうための運用と考えても良いでしょう。

但し、預金封鎖などが発生すれば即座に資産課税が実行されてしまう点は要注意です。

 

続いて米国債で運用すると、どのくらいで1億円に届くかを見てみましょう。

5000万円運用(米国債)

 

やはり、利回りのパーセンテージが0%台ではないため元本保証よりは資産形成のスピードが速いですね。

しかし、1億円を達成するまでには26年掛かってしまいます。

定年が65歳ですから少し厳しいですね。

 

そして、冷静に考えると、定年時に保有している5,000万円から生活費を賄わなければならない時が必ず来ます。

そう考えると、3%程度の利回りでは厳しいことがわかります。

もっと、高い利回りで資産を運用し、より早く1億円を達成する必要があります。

 

コラム:〜老後の生活にはいくら必要なのか?〜

「年金が減額されるって本当?」

「年金がもらえなくなる可能性はあるの?」

など皆若い頃から老後の生活に不安を抱えています。

 

将来私たちが手にする年金は、今後間違いなくマクロ経済スライドによる調整があり、現在年金を受給している世代より減少します。

 

ではどのように私たちはそのような暗い未来を回避していく必要があるのでしょう?

それは、老後までに確実に1億円という資産を形成することです。

 

老後の公的年金は、一般的に65歳から支給が始まり、毎月の手取り額は平均して20万円程度です。

85歳まで生きると考えると、1年間の手取り額が250万円、それが20年ですから約5,000万円を受給するのが一般的ですね。

その他にも退職金で1,000万円程度、保険満期金で500万円程度が貰えますので、合計すると6,500万円程度が老後の生活で使えるお金になります。

多く感じますが、実際には夫婦で余裕のある生活をすると月に35万円程度の費用がかかるため、20年ともなると8,400万円程度が必要となります。

 

加えて医療費や介護費、冠婚葬祭費、孫の教育費、マイホームの修繕費なども含まれてきます。

これらを全て足し合わせると1億円程度になりますし、これに趣味を入れればさらに大きくなります。

 

マクロ経済スライドの調整、さらに長生きする可能性を考えると、最低でも老後を迎えるまでに5,000万円から1億円程度は資産がないと不安ですよね。

 

5,000万円を1億円まで育てる理想的な利回りは結局何%?

上記では5,000万円を定期預金や米国債などで資産運用した場合を書きました。

しかし、もうすでに65歳ですからそんなに長年運用することは現実的にできないですよね。

 

では、せめて10年ほどで1億円まで育てるためにはどのくらいの利回りが必要となるのでしょう?

10年以内に1億円達成であれば平均利回り9%が理想的な数字となります。

5000万円運用(9%利回り)

 

 

さすが資産5,000万円というところでしょうか。

10年以内に複利の効果もあり、資金が2倍になっています。

 

75歳の頃に1億円を手にすると、残りの人生を十分に謳歌でき、孫への教育援助なども十分に可能な水準となります。

 

しかし、9%の利回りが得られる投資先などあるのか?という点は疑問ですよね。

そんなあなたのために今回は9%以上の利回りが期待できる投資先を紹介していきたいと思います。

 

今まさに株価飛翔寸前の中国に投資するヘッジファンド:オリエント・マネジメント

リエント・マネジメント

 

オリエント・マネジメントは管理人の私が今一番注目している新興国「中国」に対して投資をして大きなリターンを得ようとするヘッジファンドです。

中国は目覚ましい経済発展を遂げている一方で株価が割安に放置されており、株価が上昇する条件が揃っています。

中国経済の現状と見通しについては以下の記事でも詳しく解説したのでぜひご覧ください。

 

中国は1人当たりGDPにまだまだ成長余地があり、かつ生産年齢人口がこれからも増え続けるため、経済はまだまだ発展する見込みなのです。

経済発展を簡単な数式で表すと1人当たりGDP×人数なので、その両方が増えると経済が発展するのは自明ですよね。

 

オリエント・マネジメントはそんな私と同じ考え方を持つファンドマネージャーが運用しています。

その方は東京大学卒業後、外資系金融機関を経て独立という経歴の持ち主です。

外資系金融機関時代からバリュー株投資の実績が豊富で、企業の実力に対して割安な銘柄を見つけ堅実なリターンを出すことを得意としています。

 

そんな凄腕の方が、「2020年代は中国株式の時代だ」と考え、満を持して立ち上げたのがオリエント・マネジメントなのです。

上でも説明した通り、中国株式市場全体が割安なので、お宝銘柄が多く手堅く高いリターンを期待することができます。

 

また、ファンドマネージャーは中国の現状をより正確に捉えるために香港に在住しており、リアルタイムで情報を獲得して銘柄選定をおこなっています。

その点で、日本に住んでいるサラリーマンが調べて手に入る情報だけによって投資している日本の投資信託とは本気度が違います。

 

私もこれまで個人で中国の個別銘柄選定に取り組んできましたが、数々の失敗をしてきました。

日本で個人が手に入る情報だけを頼りに、自国でない中国の株式に投資をするのははっきり言って非常に難しいです。

2021年からの本格的な上昇を捉えるためにも、経験豊富で先見の明があるプロに任せてみてはいかがでしょうか。

詳しくは以下ページをご覧になってみてください。

 

詳細ページ

公式ページ

 

新興国株式市場特化のプロ集団:フロンティアキャピタル

毎年平均利回り9%を目指すにあたり、新興国株式への投資でリターンを上げていくフロンティア・キャピタルはおすすめの資産運用先の一つです。

 

同社はまだまだ過小評価されている新興国株式市場分野の投資に強みを持っております。

フロンティアキャピタルはなぜ新興国株式市場で高いリターンをあげられるのか?

答えは以下の新興国の成長率を世界全体と先進国と比較した図です。

経済成長率の推移

 

新興国市場は、世界金融危機の時でも世界経済全体、先進国がマイナス成長を記録している中プラス成長をしています。

新興国は内需主導で爆発的に経済成長しており、外部による影響は限定的なのです。

 

今後の経済成長を予測するにあたり、確認すべき指標として必須である人口も、2030年時点で新興国市場であるアジア・オセアニア、アフリカなどが大半を占めていることがわかります。

世界の人口予測

参照:内閣府

 

そんな新興国市場ですが、まだまだ株式市場の時価総額は過小評価されており、市場と投資家の間に明確に「ズレ」が生じています。

 

フロンティア・キャピタルはそんな新興国市場のズレを狙い、高い収益をあげていくことを目指すヘッジファンドなのです。

 

フロンティアキャピタルのファンドマネージャーは日本株での運用実績もあります。

そちらで毎年10%以上の資産運用成績を収めていますのでその実力は信頼できます。

9%の利回り水準は楽に超えてくるでしょう。

 

詳細ページ

公式ページ

 

着実に資産を増やしていきましょう。

 

資産を大きく増やすのに適した今まさに飛躍の時を迎える投資先!
新興国投資信託

おすすめファンドランキング
昨今新興国の勢いは留まるところを知らず、世界のGDPに占める比率は50%近くに達し、更に高い成長率を維持して世界経済の中で存在感を年々高めています。

当然、経済成長に伴って企業の収益成長率も世界の成長率を大きく上回っています。

先進国と新興国の経済成長率の差

しかし、2010年代は先進国株が堅調に推移したため、新興国企業は収益を伸ばしているにもかかわらず株価は低迷していました。
結果的に新興国株式の割安度は高まりつづけています。

新興国株式は割安

現在はいわばマグマが溜まっている状態で、2020年代は2000年代に堅調だった新興国株の時代が再び来ると想定されています。

とはいえ適当に選んだ新興国に投資しただけでは大きなリターンを得ることはできません。
新興国の中には投資環境が整っていない国や政治的に不安定な国が数多く存在しているからです。

新興国投資で大きなリターンを得るためには、

✔︎ 成長力・企業成長力が高い
✔︎ 株価が上昇するのに適した経済水準
✔︎ 株価が割安
✔︎ 現地の情報が得られる敏腕ファンドマネージャーが銘柄を厳選

などといった条件を満たす必要があります。

特に最後の観点が抜け落ちがちなのですが、やはり腕利きのファンドマネージャーが運用しないとなかなか市場平均を上回る高いリターンを望むことができません。

いわゆる大企業が運用する投資信託はマネージャーがサラリーマンとして雇われの身であり、結果にコミットするという観点では物足りない部分があります。

そのため、私は運用を任せるのであれば本物のプロとして己の腕一本でのし上がっているヘッジファンドが効果的であると考えています。

以下では長年新興国株投資を含めて投資を行なってきた私の経験や知見からヘッジファンドを含めておすすめできるファンドをお伝えしています。

新興国投資で大きなリターンを得たいと考えられている方は参考にしていただければと思います。

おすすめファンドランキング