韓国株式

低インフレ・低金利下で安定性を保っている韓国ウォンの為替相場を見通す!

KRWサムネイル

韓国は既に先進国という水準で人口も増大せずまさに停滞期という形になっています。

更に経済も貿易の比率が高く、世界経済に影響されやすいという点で安定しているとはいえない構造になっています。

 

新興国インデックスの中では韓国をかなりの割合で組み込んでいるのは理解に苦しむところです。

今回はそんな韓国の為替の見通しについて見ていきたいと思います。

 

コリアウォン(KRW)とは?通貨制度はどうなっているの?

それではまず、韓国の通貨であるコリアウォン(KRW)と、その通貨制度について見ていきたいと思います。

KRWってどんな通貨?

第二次世界大戦後の世界において旧ウォンを導入していこう、

新興国にありがちな急激なインフレによりデノミネーションを行って1953年に100旧ウォンが1ファンに。

更に1962年に10ファンを現在の1ウォンにデノミを行いました。

 

ジンバブエ、ブラジルなどがデノミで有名なのですが、通貨価値が暴落して紙切れのようになってしまうと、

通貨の価値がなくなるので今までの1000通貨を1通貨に置き換えるというような処置をデノミといいます。

 

KRWの通貨制度って??

日本円や米ドルのような先進国の通貨は市場に為替レートを完全に任せています。

つまり市場によって完全に価格形成が為されているということです。

 

韓国は1997年に日本や米国と同様の完全変動相場制に移行しました。

しかし、IMFによると以下のように頻繁に介入が行われていることにより管理フロート制を敷いていると見做されています。

 

IMF の 「 Annual Report on Exchange Arrangements and Exchange Restrictions」による事実上の(de facto)為替相場制度の分類によると、

韓国は、最も伸縮性の高い変動相場制である自由変動為替制(2007 年まではIndependently floating、2008 年には Free floating と呼称)」になったが、

2009年 5 月 1 日、当局の介入に関する情報が非公開であることを理由に、「自由フロート制(Free floating)」から「フロート制(Floating)」に分類が変わった。

介入に関する情報は公開されていないため、報道ベースであるが、2010 年については、少なくとも 39 回の介入報道があり、頻繁に介入が行われた模様である。

(引用:財務省)

 

つまり完全に市場にまかせているわけではなく、政府と中銀が為替レートをある程度管理していると、

見做されているということです。

 

当然、韓国も貿易立国なので為替レートは非常に重要になってくるので、

介入するのは当然といえば当然かもしれませんね。

韓国も昔の日本のように輸出によって経済が成り立っている為、自国通貨高になるのは困るわけです。

 

確かに過去は動きが激しいですが

ここ10年の値動きをみていると非常に安定しておりますね。

通貨の安定を非常に重視していることが見て取れます。

USDKRWチャート

参照:Investing.com

 

 

 

韓国中央銀行の金融政策とインフレ率

現在の世界の中央銀行はインフレターゲット制をしいています。

日米欧のような先進国が目標とするインフレ率を2%に設定しているのに対して、

韓国も同様に直近は2%をインフレ目標としています。

 

韓国のインフレ率

参照:Bank of Korea

 

上記の図の通り、依然は範囲を定めたバンド制をしいており、現在よりも高いインフレ率を目標としておりましたが、

徐々に目標値を引き下げているのが分かります。

 

成長力が減速していることにより、インフレ率も下降しており、

政策金利を引き下げて景気を浮揚させようとしていることが見て取れます。

 

韓国の政策金利

参照:Bank of Korea

 

現在はインフレ率は目標値を僅かに下回るものの、ほぼほぼ目標値近辺に推移しているます。

金融政策が明確な方向感をもっているわけではありません。

 

二国間の通貨の価値というのはインフレ率の高低にも影響され、

インフレ率が高い国の通貨の方が低い通貨の国に対して、通貨価値が減少します。

そもそもインフレ率が先進国並みの韓国はインフレ率が高いことを原因として、

米ドルや日本円に対して減価する心配はなさそうです。

 

韓国の国際収支から見通しを分析する

国際収支というのは、その国がどれだけ海外から外貨を引っ張ってこれているかという指標です。

かいがいから外貨を獲得していれば、国内で国内通貨に換える需要が発生しますし、

外貨準備高が増加して介入資金が増えて通貨の安全性がまします。

 

以下のように勧告は輸出つまり貿易収支で国の経済を支えているということもあり、

経常収支のプラスが支える形で20年連続の黒字を維持しています。

 

【ソウル聯合ニュース】
韓国銀行(中央銀行)が5日発表した国際収支(速報値)によると、2017年の経常収支は784億6000万ドル(約8兆6000億円)の黒字だった。

1998年から20年連続の黒字となったが、サービス収支の赤字拡大などで黒字額は16年(992億4000万ドル)に比べ縮小した。

(引用:韓国総合ニュース)

 

経常収支という観点でも為替は堅調に推移していくことが予想されます。

 

韓国ウォンの見通し

韓国は貿易立国ということもあり、通貨価値が高くなることは日本が円高を嫌うのと同じで、

韓国も容認するとは思えず実際度々介入が入っていることが確認されています。

高くなることには当局が注視しておりますが、

逆に韓国ウォン(KRW)は低いインフレ率と堅調な国際収支で弱含むことも考えにくいです。

その為、今後今までと同様に現在と同じ水準で安定的に推移していくことが見込まれます。

 

韓国については以下の記事でも分析していますので参考にしてみてくださいね。

資産を大きく増やすのに適した今まさに飛躍の時を迎える投資先!
新興国投資信託

おすすめファンドランキング
昨今新興国の勢いは留まるところを知らず、世界のGDPに占める比率は50%近くに達し、更に高い成長率を維持して世界経済の中で存在感を年々高めています。

当然、経済成長に伴って企業の収益成長率も世界の成長率を大きく上回っています。

先進国と新興国の経済成長率の差

しかし、2010年代は先進国株が堅調に推移したため、新興国企業は収益を伸ばしているにもかかわらず株価は低迷していました。
結果的に新興国株式の割安度は高まりつづけています。

新興国株式は割安

現在はいわばマグマが溜まっている状態で、2020年代は2000年代に堅調だった新興国株の時代が再び来ると想定されています。

とはいえ適当に選んだ新興国に投資しただけでは大きなリターンを得ることはできません。
新興国の中には投資環境が整っていない国や政治的に不安定な国が数多く存在しているからです。

新興国投資で大きなリターンを得るためには、

✔︎ 成長力・企業成長力が高い
✔︎ 株価が上昇するのに適した経済水準
✔︎ 株価が割安
✔︎ 現地の情報が得られる敏腕ファンドマネージャーが銘柄を厳選

などといった条件を満たす必要があります。

特に最後の観点が抜け落ちがちなのですが、やはり腕利きのファンドマネージャーが運用しないとなかなか市場平均を上回る高いリターンを望むことができません。

いわゆる大企業が運用する投資信託はマネージャーがサラリーマンとして雇われの身であり、結果にコミットするという観点では物足りない部分があります。

そのため、私は運用を任せるのであれば本物のプロとして己の腕一本でのし上がっているヘッジファンドが効果的であると考えています。

以下では長年新興国株投資を含めて投資を行なってきた私の経験や知見からヘッジファンドを含めておすすめできるファンドをお伝えしています。

新興国投資で大きなリターンを得たいと考えられている方は参考にしていただければと思います。

おすすめファンドランキング