インドネシア株式

インドネシア株式市場は魅力的?株価指数とおすすめの個別株銘柄と共に徹底解説!

インドネシア株式サムネイル

これまでインドネシアの経済・政治・財政と為替の見通しを分析してきました。

 

今回はいよいよ本題のインドネシアの株式市場は市場全体としてどうなのか?

個別銘柄で有望なものは存在しているのか?を見ていきたいと思います。

 

インドネシアの経済・政治・財政と為替のおさらい

インドネシアは中国やASEANの中では最もすすんでいるマレーシアには及びませんが、

カンボジア、ベトナム、フィリピンよりは発展しています。

 

アジア諸国の1人あたりGDP推移

 

成長が停滞・減速する可能性が高い中所得国の罠の水準である1人あたり10,000USD(つまり年収100万円)の水準まではまだ距離があります。

更に、人口も若年層が多い理想的な形をしており今後も継続した成長が見込まれています。

 

財政状態は深刻というわけではありません。

一点懸念されるのは予算不足で経済成長に必要な投資にお金を回せていないという懸念があるところです。

 

 

また産業構造も以前の資源一本足打法からある程度の脱却は図れています。

しかし、まだ他国に対して比率が高いことは若干の懸念材料となっています。

 

政治は前大統領のユドヨノ氏から10年以上安定的な政治体制が確立されており、

堅調な経済とあいまってインドネシアにはコンスタントに海外から資金が流入しています。

結果として為替も他の新興国に対して安定的な動きをしており、投資に適した環境が継続しているといえます。

 

インドネシア株の市場平均をチャートと指標から分析

以下はインドネシアの指数ジャカルタ総合指数(濃青)TOPIX(赤)です。

 

ジャカルタ総合とTOPIXの比較

参照:楽天証券

 

この10年でTOPIXが+140%程上昇する一方、ジャカルタ総合指数は僅か+60%の上昇に留まっています。

2010年代は先進国株式市場が堅調に推移しており、成長した新興国への資金流入が弱くなっていました。

そのため、新興国全体で株式市場が相対的に割安度が増しており魅力が高まっています。

 

日米中とASEAN株

参照:MORNINGSTAR

 

2019年10月現在のインドネシアのPERは16.7倍、PBR2.6となっています。

PERの面では割安でもなく割高でもない水準ですが、PBR面でいうと割高ですね。

 

インドネシアの株式市場は誰の目からみても魅力的な投資に適した環境です。

投資家が投資を続けた結果として経済に見合った、

又はそれ以上の水準に株価が引き上げられているという状況であることが分かります。

 

それではインドネシアのおすすめの個別株についてみていきたいと思います。

 

インドネシア株の注目個別銘柄①:アストラ・インターナショナル

アストラ・インターナショナルはインドネシアの自動車企業です。

日本でいうところのTOYOTAでインドネシアの自動車販売台数89万台のうち半数以上の48万台が同社となっています。

TOYOTAやBMWなど海外メーカーと提携し、海外ブランド車の組み立て並びに販売を主力事業としています。

インドネシアはようやく車を保有できるようになってきた経済レベルです。

依然として自動車保有率は1桁台%と低いので、今後も同社の利益の進展が見込まれます。

 

以下は同社の過去5年と今期の業績の予想です。

アストラ・インターナショナルの業績推移

 

年度
2015/12
2016/12
2017/12
2018/12
2019/12
売上高
184,196,000
181,084,000
206,057,000
239,205,000
241,818,970
営業
利益
11,979,000
17,567,000
20,326,000
26,868,000
当期
利益
14,464,000
15,156,000
18,847,000
21,673,000
21,262,882
EPS
(ルピア)
357.27
374.37
465.54
535.34
524.63
PER(倍)
16.79
22.10
17.83
11.91
12.20
配当
(ルピア)
177.00
168.00
185.00
214.13
221.85

綺麗な右肩あがりで売上高と利益が伸長しているのが読み取れますね。

しかし、業績は堅調である反面株価は右往左往しています。

アストラ・インターナショナルの株価推移

 

結果としてPERは新興国の成長株としては格安の12倍と割安水準となっています。

ROEが17%と非常に効率的に利益をあげているのも魅力的な点ですね。

毎年ぐんぐんと成長しているので、長期投資目線で投資を行えば利益を獲得することができるでしょう。

 

インドネシア株の注目個別銘柄②:インドフード

続いては内需の代表銘柄のインドフードです。

インドフードは即席麺や調味料など加工食品の製造から販売を手掛ける会社です。

原材料となる小麦の価格上昇が懸念材料ではありますが、コストカットを徹底し利益は増加傾向にあります。

 

また人口増加や所得上昇によって今後も消費需要は高まることが確実となっています。

今後の業績も拡大基調となるとみて間違いないでしょう。

インドフードの業績推移

 

年度
2015/12
2016/12
2017/12
2018/12
2019/12
売上高
184,196,000.00
181,084,000.00
206,057,000.00
239,205,000.00
241,818,970.39
営業利益
11,979,000.00
17,567,000.00
20,326,000.00
26,868,000.00
当期利益
14,464,000.00
15,156,000.00
18,847,000.00
21,673,000.00
21,262,882.30
EPS(ルピア)
357.27
374.37
465.54
535.34
524.63
PER(倍)
16.79
22.10
17.83
11.91
12.20
配当(ルピア)
177.00
168.00
185.00
214.13
221.85

 

綺麗な右肩あがりで売上高と利益が伸長しているのが読み取れますね。

しかし、業績は堅調である反面株価は右往左往しています。

インドフードの株価推移

結果としてPERは新興国の成長株としては格安の12倍と割安水準となっています。

ROEが17%と非常に効率的に利益をあげているのも魅力的な点ですね。

毎年ぐんぐんと成長しているので、長期投資目線で投資を行えば利益を獲得することができるでしょう。

 

インドネシア株取引をする際の注意点ー楽天・SBIで購入できるが手数料が高いー

インドネシア株は楽天証券やSBI証券を通して投資することが可能です。

市場全体に連動するETFや投資信託更には個別株にも投資することが出来ます。

 

しかし、特に個別株を取引きする際には注意しなければいけません。

個別株は株を購入するときと売却するときの為替レートが往復で約8%違います。

 

そして売買時にそれぞれ約1%の手数料がかかるので合計約10%の手数料がかかります。

つまり10%以上の利回りが期待できる銘柄に投資できないと投資損失を被ってしまうということです。

 

新興国の個別株銘柄投資にはこのように往復の売買手数料だけ注意するだけでは十分ではありません。

売りレートと買いレートの為替取引の差にも気を付けなければいけないのです。

 

インドネシア株投資総括とおすすめの新興国株投資手法

経済・財政・政治が安定しているゆえに投資しやすい環境が続いた結果、

既にある程度資金が海外から流入し、割安という水準ではないことが分かりました。

 

個別株もある程度探しましたが、成長力が高いにも関わらず非常に割安という生唾ものの銘柄を見つけることは出来ませんでした。

また個人で取引を行う場合は10%の手数料が発生するという点も株式投資を行う障壁となっており

 

  • 割安ではない市場
  • 銘柄分析の難しさI(情報不足)
  • 異常に高い手数料

 

という観点から敢えてインドネシア株投資を行う必要性はないかなと考えています。

 

 

資産を大きく増やすのに適した今まさに飛躍の時を迎える投資先!
新興国投資信託

おすすめファンドランキング
昨今新興国の勢いは留まるところを知らず、世界のGDPに占める比率は50%近くに達し、更に高い成長率を維持して世界経済の中で存在感を年々高めています。

当然、経済成長に伴って企業の収益成長率も世界の成長率を大きく上回っています。

先進国と新興国の経済成長率の差

しかし、2010年代は先進国株が堅調に推移したため、新興国企業は収益を伸ばしているにもかかわらず株価は低迷していました。
結果的に新興国株式の割安度は高まりつづけています。

新興国株式は割安

現在はいわばマグマが溜まっている状態で、2020年代は2000年代に堅調だった新興国株の時代が再び来ると想定されています。

とはいえ適当に選んだ新興国に投資しただけでは大きなリターンを得ることはできません。
新興国の中には投資環境が整っていない国や政治的に不安定な国が数多く存在しているからです。

新興国投資で大きなリターンを得るためには、

✔︎ 成長力・企業成長力が高い
✔︎ 株価が上昇するのに適した経済水準
✔︎ 株価が割安
✔︎ 現地の情報が得られる敏腕ファンドマネージャーが銘柄を厳選

などといった条件を満たす必要があります。

特に最後の観点が抜け落ちがちなのですが、やはり腕利きのファンドマネージャーが運用しないとなかなか市場平均を上回る高いリターンを望むことができません。

いわゆる大企業が運用する投資信託はマネージャーがサラリーマンとして雇われの身であり、結果にコミットするという観点では物足りない部分があります。

そのため、私は運用を任せるのであれば本物のプロとして己の腕一本でのし上がっているヘッジファンドが効果的であると考えています。

以下では長年新興国株投資を含めて投資を行なってきた私の経験や知見からヘッジファンドを含めておすすめできるファンドをお伝えしています。

新興国投資で大きなリターンを得たいと考えられている方は参考にしていただければと思います。

おすすめファンドランキング