中国投資信託・ETF

評判の中国株投信「ダイワ・チャイナ・ファンド」を徹底評価!安定したリターンで口コミは良好だが直近の成績は心配?

ダイワ・チャイナ・ファンドサムネイル

資産運用を考えている人の中には「中国」への投資を検討している人が多いのではないでしょうか。

また、中国への投資を考えるのであれば、会社員の方であればまず投資信託を検討すると思います。

 

中国株全体については以下の記事で論じています。

 

その中でも投資信託を購入する場合、つまり企業の運用のプロに任せる場合は、どのくらいのリターンが実際に見込まれるのでしょうか?

 

今回は中国株投信で評判の商品「ダイワ・チャイナ・ファンド」の運用状況と、今後の見通しを解説していきたいと思います。

その他の中国投資信託については以下で分析をしているので参考にしてみてくださいね。

     

    ダイワ・チャイナ・ファンド~概要と運用方針~

    ダイワ・チャイナ・ファンドは、中国および香港の株式に投資しています。

    具体的には上海A/B株、深センA/B株、H株、レッドチップ株などに投資します。

    それぞれの定義は以下をご参照ください。

    上海A株・深センA株

    ・上海A株市場・深センA株市場に上場されている株式
    ・海外投資家に対しては、QFII制度(適格国外機関投資家制度)などを導入し、対外開放が進められている

    上海B株・深センB株

    ・海外投資家向け専用に設立された上海B株市場・深センB株市場に上場されている株式

    H株

    ・登記地が中国本土となっている企業が香港で発行する株式
    ・H株を発行するのは中国で登記された純然たる中国企業で、本土で事業を展開しながら香港市場に上場している
    ・H株の「H」は「Hong Kong」の頭文字
    ・道路、電力、鉄鋼など重厚長大型の国有企業が多く、これらの企業が香港市場で海外の資金を調達する手段となっており、中国本土の法律が適用される

    (引用:SMBC日興證券

    レッドチップ

    ・中国政府資本が30%以上で、香港またはバミューダ、ケイマン諸島などのタックスヘイブンで登記されている銘柄
    ・レッドチップ(Red Chip stocks)は、中国本土に主な事業資産を有している海外登記の企業で、香港に上場しているもの
    ・法律と会計制度は登記地のものが適用される
    ・「レッドチップ」という名称は、優良株を意味する「ブルーチップ」を中国共産党のカラーにもじって呼んだのが由来
    ・1980年代から中国資本による香港企業の買収が相次いだことから発展した市場
    ・90年代以降は通信、テクノロジー関連の有力企業を中心に上場数が急増

    (引用:SMBC日興證券

     

     

    銘柄選定にあたっては、成長性等に注目し、流動性等も勘案します。

    ダイワ・チャイナ・ファンドの銘柄選定方法

    参照:交付目論見書

     

    さすが大手の大和アセットマネジメントです。

    徹底的なリサーチをもってポートフォリオを組んでいますね。

    これがこの後ご説明する手数料の高さにつながっているのですが・・・。

     

    さて、組入上位10銘柄を見てみましょう。

    順位 銘柄名 業種 比率(%)
    1 テンセント 中国 コミュニケーション・サービス 7.9
    2 アリババ・グループ・ホールディング 中国 一般消費財・サービス 6.9
    3 MEITUAN 中国 一般消費財・サービス 4.5
    4 中国招商銀行 中国 金融 4.3
    5 中国平安保険(集団) 中国 金融 3.9
    6 AIA GROUP LTD 香港 金融 3.3
    7 蒙牛乳業 中国 生活必需品 3.1
    8 BYD CO LTD 中国 一般消費財・サービス 3.1
    9 CONTEMPORARY AMPEREX TECHN 中国 資本財・サービス 2.9
    10 XINYI GLASS HOLDINGS LTD 香港 資本財・サービス 2.8

    参照:月次レポート

     

    テンセント、アリババが安定のTop2ですね。

    一般消費財・サービスや金融の銘柄が多いのも特徴と言えるでしょう。

    経済成長に伴って大きく成長する一般消費財・サービス銘柄が多く組み入れられているのはポジティブな材料ですね。

     

    それでは具体的に運用成績はどうなっているのかを見ていきましょう。

     

    ダイワ・チャイナ・ファンドの運用成績

    ダイワ・チャイナ・ファンドはベンチマークを設定していませんので、基準価額の推移とトータルリターンを見ていきましょう。

    ダイワ・チャイナ・ファンドのトータルリターン

    参照:月次レポート

     

    まずは基準価額の推移です。

    設定来で見るとリーマンショックの時に大きく下落を見せています。

    しかし、その後は概ね順調に推移しています。

    直近やや調整が入っていますが、悪くないリターンに見えますね。

     

    では、トータルリターンはどうなっているでしょうか。

    1年 3年
    (年率)
    5年
    (年率)
    10年
    (年率)
    トータルリターン -0.24% 12.80% 12.58% 10.93%
    カテゴリー 5.24% 10.90% 11.46% 10.93%
    標準偏差 25.17 25.14 20.88 22.07
    カテゴリー 20.30 22.93 19.24 22.77
    シャープレシオ -0.01 0.51 0.60 0.50
    カテゴリー 0.28 0.47 0.59 0.48
    ファンド数 46本 38本 34本 33本

     

    トータルリターン(年率)は長期で見ると10%を超えて推移しており安定していると言えます。

    一方で直近1年は▲0.24%となんとマイナスになっています。

    調整が入っているだけとも取れますが、マイナスリターンはさすがに不安ですね。

     

    また、どの機関もシャープレシオが低いのが気になります。

    シャープレシオはファンドの平均リターンから無リスク資産のリターンを差し引き、標準偏差で割った数字です。

    標準偏差は値動きの大きさ、つまりリスクを表す指標でしたね。

    シャープレシオは取ったリスクに対するリターンの大きさを測るための指標なのです。

     

    シャープレシオは1以上あると優秀で0.5~0.9が標準です。

    ダイワ・チャイナ・ファンドはぎりぎり標準と言える水準ですが、アクティブ型投資信託としては物足りない数字ですね。

     

    他の中国株投信と比べるとこれはどれくらいの運用成績なのでしょうか。

     

    他の中国株投資信託との比較

    今回は以下の中国株投信3商品と比較します。

    • UBS中国株式ファンド
    • 新成長中国株式ファンド
    • 中華圏株式ファンド

     

    基準価額、純資産は 2021年09月16日 現在
    トータルリターン等評価情報は 2021年08月31日 現在

    ファンド名 ダイワ・
    チャイナ・
    ファンド
    UBS
    中国株式
    ファンド
    新成長
    中国株式
    ファンド
    中華圏株式
    ファンド
    (毎月分配型)
    販売手数料 3.3% 3.3% 3.3% 3.85%
    信託報酬等(税込) 1.67% 1.97% 1.76% 1.76%
    トータルリターン
    1年
    -0.24% -13.21% 2.72% 8.82%
    トータルリターン
    3年(年率)
    12.80% 8.67% 12.63% 11.69%
    トータルリターン
    5年(年率)
    12.58% 16.09% 13.69% 11.16%
    トータルリターン
    10年(年率)
    10.93% 14.79% 11.78% 9.17%
    シャープレシオ
    1年
    -0.01 -0.71 0.14 0.51
    シャープレシオ
    3年
    0.51 0.41 0.57 0.53
    シャープレシオ
    5年
    0.60 0.87 0.72 0.59
    シャープレシオ
    10年
    0.50 0.69 0.52 0.43
    標準偏差
    1年
    25.17 18.53 18.82 17.32
    標準偏差
    3年
    25.14 21.27 22.10 22.27
    標準偏差
    5年
    20.88 18.54 19.14 18.93
    標準偏差
    10年
    22.07 21.50 22.66 21.42

     

    長期ではUBS中国株式ファンドや新成長中国株式ファンドに劣っています。

    また、短期でも新成長中国株式ファンドと中華圏株式ファンドに負けていますね。

    なんとも言えない立ち位置にいると言えますね。

    また、直近1年はマイナスリターンです。

    UBS中国株式ファンドほどではないですが、これを見ると今後の見通しも暗く、投資する気が起きませんね。

     

    ダイワ・チャイナ・ファンドの高い手数料

    ここまでで投資するには厳しいことが分かりましたが最後に手数料を見ておきましょう。

    ダイワ・チャイナ・ファンドの購入手数料は年率で3.3%(税込)ですね。

    一般的なアクティブ型投資信託と変わらない手数料です。

     

    信託報酬は年率で1.67%(税込)と上記の比較商品に比べればほんの少しだけ低くなっています。

    しかし、これは投信としてはとても高い水準にあります。

    上記で述べたように、入念なリサーチにより銘柄選定を実施しており、その分費用がかかるのが主な原因と思われます。

    高い手数料を取るのであればせめて高いリターンを出してもらわないと納得いきませんね。

     

    ダイワ・チャイナ・ファンドのまとめ

    ダイワ・チャイナ・ファンドは株価上昇が期待される中国株を厳選して投資運用を実施しています。

    長期では安定したリターンを挙げているものの、直近1年はマイナスリターンとなるなど今後の見通しは暗いと言えるでしょう。

     

    さらに手数料もやや高いので正直魅力的な投資先とは言えません。

    もし魅力的な投資先を探しているのであれば、私が独自で作成しているランキング記事などでおすすめ投資先を紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

     

    資産を大きく増やすのに適した今まさに飛躍の時を迎える投資先!
    新興国投資信託

    おすすめファンドランキング
    昨今新興国の勢いは留まるところを知らず、世界のGDPに占める比率は50%近くに達し、更に高い成長率を維持して世界経済の中で存在感を年々高めています。

    当然、経済成長に伴って企業の収益成長率も世界の成長率を大きく上回っています。

    先進国と新興国の経済成長率の差

    しかし、2010年代は先進国株が堅調に推移したため、新興国企業は収益を伸ばしているにもかかわらず株価は低迷していました。
    結果的に新興国株式の割安度は高まりつづけています。

    新興国株式は割安

    現在はいわばマグマが溜まっている状態で、2020年代は2000年代に堅調だった新興国株の時代が再び来ると想定されています。

    とはいえ適当に選んだ新興国に投資しただけでは大きなリターンを得ることはできません。
    新興国の中には投資環境が整っていない国や政治的に不安定な国が数多く存在しているからです。

    新興国投資で大きなリターンを得るためには、

    ✔︎ 成長力・企業成長力が高い
    ✔︎ 株価が上昇するのに適した経済水準
    ✔︎ 株価が割安
    ✔︎ 現地の情報が得られる敏腕ファンドマネージャーが銘柄を厳選

    などといった条件を満たす必要があります。

    特に最後の観点が抜け落ちがちなのですが、やはり腕利きのファンドマネージャーが運用しないとなかなか市場平均を上回る高いリターンを望むことができません。

    いわゆる大企業が運用する投資信託はマネージャーがサラリーマンとして雇われの身であり、結果にコミットするという観点では物足りない部分があります。

    そのため、私は運用を任せるのであれば本物のプロとして己の腕一本でのし上がっているヘッジファンドが効果的であると考えています。

    以下では長年新興国株投資を含めて投資を行なってきた私の経験や知見からヘッジファンドを含めておすすめできるファンドをお伝えしています。

    新興国投資で大きなリターンを得たいと考えられている方は参考にしていただければと思います。

    おすすめファンドランキング