おすすめ資産運用・投資先

【オリエント・マネジメント】今株価が飛翔の時を迎える「中国」にリアルな情報を基に投資するヘッジファンド「Orient Management」を徹底評価!

リエント・マネジメント

本日は中国に投資を行い大きなリターン獲得を目指すヘッジファンドである「オリエント・マネジメント」についてお伝えしていきたいと思います。

実際に筆者も大きなリターンを狙う投資先として、ポートフォリオの一部として組み入れています。

 

突然でですが、皆さん中国と聞いて皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?

  • 既にバブルが崩壊している
  • いつか中国は崩壊する
  • 中国はまだまだ遅れている

などネガティブな印象を持たれている方が多いと思います。

特に日本人としては何かとお騒がせな隣国であるという負のイメージを持っている方も多いと思います。

 

しかし、実際に最近中国に旅行や仕事で赴かれた方は驚かれた方も少なくないのではないでしょうか?

私も25年ほど前の小学生の時に祖父母に連れて行かれた時は、まだまだ新興国で発展していないなという印象でした。

しかし、今中国は北京、上海と東京に負けない発展を遂げているのです。

また、いち早く開発地域として指定されて発展している深センにおいては、ビルでプロジェクションマッピングを行なっていたりドローンが飛んでいたりします。

 

最早、遅れた新興国というイメージは間違いで正真正銘の超大国に成り上がっています。そして、今まさに中国の株式市場は長い低迷から抜け出し本格的な上昇に向かおうとしています。

本日は中国株式市場の魅力と投資先として有望なオリエントマネジメントについてお伝えしていきたいと思います。

 

現在の中国の経済は?進撃する世界第2位の超大国

現在の中国は皆さんご存知の通り日本を2009年に抜いて世界第2位の経済大国になっています。

とはいってもまだ僅差だろうと考えている方も多いのではないでしょうか?

では問題です。皆さん中国のGDPはは日本のGDPの何倍になっていると思いますか?

A:1.2倍
B:1.5倍
C:2.0倍
D:3.0倍

流石に10年前に抜かされたばかりなので、1.5倍くらいだろうと普通なら考えますよね。

答えはなんと「D」の3倍です。

たった10年ちょっとで日中の経済格差は取り返しが効かない差になってしまっているのです。

中国の成長角度は半端ないですね。

これを指数関数的上昇といいます。

投資で資産が増えていく複利効果と同じです。

米中日のGDP推移

資料:GLOBAL NOTE 出典:IMF

 

 

ちなみに世界最大のGDPを誇る米国の7割程度の水準に達しています。

このままいくと2028年には世界最大の経済大国になることが見込まれているのです。

経済規模で見た中国の対米比

参照:日経新聞

 

ちなみに中国は早期にコロナの封じ込めに成功しており、2020年度は世界で唯一プラス成長を実現して力強さを世界に見せつけました。

世界のGDP成長率

参照:OECD

 

成長する巨人、まさに「進撃の巨人」であるエレンとも言える存在といえるでしょう(漫画「進撃の巨人」をご存知ではない方には分かりにくい例えとなり申し訳ありません)。

 

最早世界の工場というだけに留まらない中国産業の進展

とはいっても、中国はただ人口が多いから経済規模が大きくなっているだけと考えている方も多いのではないでしょうか。

まだまだ賃金が安く世界からの受注生産を行い出荷することで成長をしていると思われがちです。

 

しかし、賃金は既に東南アジアの他国の方が安く、ただ単に世界の工場として発展していくフェーズは過ぎ去っています。

現在では高付加価値産業に積極的に携わっており以下のような目標を立てています。

中国製造2025

参照:HITACHI

 

 

最近はドローンや電気自動車の分野で既に頭角を表しています。

オンライン診療なども実施されており、日本より技術面で進んでいる分野も数多くあります。

ちなみに筆者が2019年に中国に行った時は、桂林という地方都市であってもアリペイなどの電子決済が中心で、現金を渡したら嫌な顔をされることが多々ありました。

研究開発費は米国に迫るレベルまで肉薄してきており、特許出願数は圧倒的に世界第一位となっています。

特許出願件数

参照:幻冬舎

 

つまり、中国は既に米国と肩を並べるほどのハイテク大国に成り上がっているのです。

 

中国は日本のバブル直前と同じ経済水準で2010年代の株価停滞で割安水準が継続

中国は急速に発展しているといっても1人あたりのGDP水準では日本、韓国、台湾といった発展した東アジア諸国と比べるとまだまだ低水準です。

つまり成長余地が大きいのです。

 

各国・地域の1人当たりGDP

参照:日本銀行

 

 

 

更に、現在の水準は1人あたりGDPで10,000ドルを超えたレベルとまさに日本の1980年代中盤と同じ水準になっています。

つまり、バブルを迎える直前と同水準になっているのです。

今からまさに急騰することが予見できますね。

更に、この10年間GDPが3倍になっているにもかかわらず2021年6月時点で上海総合指数は10年前と同じ水準になっています。

中国株成長余地

 

つまり、上昇するマグマがたまりきっているということがいえるかと思います。

投資するタイミングとしては、まさに「今でしょ!」というタイミングであるといえるでしょう。

 

今が旬!先進国の金融緩和で新興国株にとってチャンス相場が到来

ところで皆さん新興国株の株価を引き上げるのは主に誰かご存知でしょうか?

確かにその国の国民も一部あります。

しかし、現在新興国株の株価を引き上げているのは先進国の投資家達なのです。

 

先進国の投資家たちは余剰資金の投資先を低い金利水準などでリターンが見込みにくい自国の資産だけでなく、

高いリターンが見込める新興国の資産にも投資しています。

 

つまり、以下の条件を満たした時に魅力的な新興国株は急激に上昇することが見込まれるのです。

  • 先進国の資金がじゃぶじゃぶ
  • 該当の新興国株に先進国株投資家がアクセス可能(投資可能)

 

まず1つ目の条件ですが、先進国は近年ずっと金融緩和をしてお金を刷り続けています。

そもそもずっと上昇基調でしたが、2020年のコロナショック発生以降上昇に弾みがついています。

以下は日米欧の中央銀行のバランスシートですが一貫して拡大が続いてます。

バランスシートが拡大するということは、市場に流通する資金が増大しているということを意味します。

主要先進国中銀のバランスシートと株価の推移

参照:三井住友DCアセットマネジメント

 

 

つまり、だぶついた資金が投資先を求めて彷徨い、先進国株だけでなく新興国株に流入する素地が整ったことになります。

そして、殆どの新興国は先進国の投資家が直接アクセスすることができません。

出来たとしてもADRという間接的に投資をする仕組みを使ったり、限られた銘柄だけにしか投資できないのです。

 

しかし、中国はさすが超大国だけあってアジアの金融ハブである香港市場を介して殆どの中国株に先進国投資家がアクセスすることができます。

つまり、時期的にも金融市場へのアクセスという観点からも中国は魅力的な市場となっているのです。

 

中国株に投資する有望ファンド「オリエント・マネジメント」とは?

今までは中国株投資の魅力についてお伝えしてきました。

ここからはそんな中国株に投資するうえでおすすめのファンドをご紹介します。

 

結論から申し上げますと、筆者はオリエント・マネジメントを通じて中国株に投資をしています。

理由としては日本の証券会社が販売する投資信託より優れていると考えているからです。

主な理由は以下の3点です。

 

中国の情報に直接アクセスできる香港とシンガポールに拠点を持つ

1つ目の理由は、中国の情報に直接アクセスできる香港とシンガポールに拠点があることです。

投資信託は日本にいるサラリーマンファンドマネージャーが運用しています。

しかし、日本にいては中国のリアルタイムの情報や、トレンドをつかむことがどうしても現地に比べて劣後してしまいます。

情報は命です。特に将来を織り込む株式市場においては、いち早く情報を掴むことが勝つためには必要なこととなります。

 

現地のオフラインのネットワークからもたらされる情報は絶大です。

本当に重要な情報はオフラインでもたらされています。

現地に刺さり混んでいるファンドを通じて投資をするのは絶対条件です。

オリエント・マネジメントは中国からの情報がリアルタイムで取れるよう、香港と華僑の多いシンガポールを拠点として銘柄選定を行なっています。

日本にいながら投資をするファンドよりも期待が持てると考えています。

 

シビアに結果を求められるヘッジファンドである

2点目はヘッジファンドであるということです。

投資信託はサラリーマンファンドマネージャーによって運用されます。

正直、結果が悪かったりしてもクビになることもありませんし、高いリターンが出たとしても給料があがることもありません。

このような状況下ではなかなかモチベーションが湧かないのは想像に難くないでしょう。

 

一方、オリエント・マネジメントはヘッジファンドです。

ヘッジファンドというのは如何なる相場環境であってもプラスのリターンを出すことを求められるファンド形態です。

 

と言うのも、ヘッジファンドは成績を上げることで報酬が増える成功報酬型の手数料形態で運用しています。

つまり、高いリターンを出すインセンティブが存在しているのです。

成績が悪いと解約が相次ぎ、場合によっては償還となってしまうこともあるのです。

つまり、死に物狂いで相場と向き合い、収益機会を捉える努力を日々怠らずに資産を運用してくれるのです。

どちらに預けたいかというと筆者としてはヘッジファンドを選びたいと思ってしまいます。

 

長年ヘッジファンドで結果を出し続けている優秀なファンドマネージャーが運用している

最後に長年ヘッジファンドで結果を出し続けている優秀なファンドマネージャーが運用していることが3つ目の理由です。

投資信託では所属している運用会社の方針にしたがって、たとえその投資先が魅力的でなかったとしても投資を実行しつづけなければいけません。

つまり、収益機会が少ない場合でも運用しつづけないといけないのです。

 

一方、オリエント・マネジメントは日本株や新興国株で10年以上高いリターンを挙げた実績があるファンドマネージャーが、この度中国株が狙い目であると判断して新規で募集を開始したファンドです。

そのファンドマネージャーは直近運用していた新興国ファンドで以下の通り驚異の年率114.5%のリターンを挙げています。

  • 2018年:64.9%
  • 2019年:77.1%
  • 2020年:237.9%
  • 年平均:114.5%

 

新興国株式と言えば相当リスクが高いにもかかわらず毎年かなりのプラス成長を遂げています。

それだけではなく、年平均で資産を2倍以上にしていると考えるととんでもないですよね。

 

実は筆者も上記のファンドに投資しており、資産がとんでもない額増えるという恩恵を受けました。

これだけの結果を挙げたファンドマネージャーが今まさに注目している国ということで、高いリターンが上がるのを今から非常に楽しみにしています。

 

リスクヘッジの観点でもヘッジファンドの方が投資信託より優秀です。

と言うのも投資信託は常に100%近くを対象に投資しないといけません。

しかし、ヘッジファンドでは危険と判断した時に一時的に現金比率を引き上げて危機を回避することも可能なのです。

余程、投資に自信があれば自分で投資するのもありですが、中国株は日本株や米国株よりも難易度が高いので正直私はお手上げです。

現地にいる優秀なファンドマネージャーの判断に全面的に任せたいと考えて投資を行なっています。

以下、公式ページから問い合わせることで詳しい話を聞くことができますので、興味のある方は話を聞いてみることをおすすめします。

公式ページ

 

資産を大きく増やすのに適した今まさに飛躍の時を迎える投資先!
新興国投資信託

おすすめファンドランキング
昨今新興国の勢いは留まるところを知らず、世界のGDPに占める比率は50%近くに達し、更に高い成長率を維持して世界経済の中で存在感を年々高めています。

当然、経済成長に伴って企業の収益成長率も世界の成長率を大きく上回っています。

先進国と新興国の経済成長率の差

しかし、2010年代は先進国株が堅調に推移したため、新興国企業は収益を伸ばしているにもかかわらず株価は低迷していました。
結果的に新興国株式の割安度は高まりつづけています。

新興国株式は割安

現在はいわばマグマが溜まっている状態で、2020年代は2000年代に堅調だった新興国株の時代が再び来ると想定されています。

とはいえ適当に選んだ新興国に投資しただけでは大きなリターンを得ることはできません。
新興国の中には投資環境が整っていない国や政治的に不安定な国が数多く存在しているからです。

新興国投資で大きなリターンを得るためには、

✔︎ 成長力・企業成長力が高い
✔︎ 株価が上昇するのに適した経済水準
✔︎ 株価が割安
✔︎ 現地の情報が得られる敏腕ファンドマネージャーが銘柄を厳選

などといった条件を満たす必要があります。

特に最後の観点が抜け落ちがちなのですが、やはり腕利きのファンドマネージャーが運用しないとなかなか市場平均を上回る高いリターンを望むことができません。

いわゆる大企業が運用する投資信託はマネージャーがサラリーマンとして雇われの身であり、結果にコミットするという観点では物足りない部分があります。

そのため、私は運用を任せるのであれば本物のプロとして己の腕一本でのし上がっているヘッジファンドが効果的であると考えています。

以下では長年新興国株投資を含めて投資を行なってきた私の経験や知見からヘッジファンドを含めておすすめできるファンドをお伝えしています。

新興国投資で大きなリターンを得たいと考えられている方は参考にしていただければと思います。

おすすめファンドランキング