おすすめ資産運用・投資先

<投資先比較マップ>資産を育てる!2021年からのおすすめ資産運用法を紹介する! 

私は今ではそれなりに裕福になり生活には困らなくなってきました。

しかし、子供や孫の世代まで安心して暮らせるようにさらに資産を積み上げようと様々な銘柄を分析しています。

これまで資産を積み上げてきた過程でこのような運用をしてよかった、逆にこう運用すればよかったということが多々あります。

このカテゴリではそんな私の経験を基に各資産ごとにおすすめの運用方法を書いていきたいと思います。

個人的なおすすめ投資先

まず最初に私のおすすめ投資先ランキングの紹介です。

実際に私も投資してかなりのハイリターンを得ています。

この投資先に投資したから今の自分があると言っても過言ではありません。

ここで紹介している投資先は自信を持って紹介できます。

興味がある方は是非ご覧ください。

金融資産500万円以下⇒1,000万円

金融資産500万円は20代で貯めていると同期の中でもなかなか貯金がしっかりある方ではないでしょうか。

30-40代の方だと500万円はあるという方は多いかもしれませんね。

しかし、500万円は資産運用のいわば入り口。

まずは1,000万円に乗せていきたいところです。

そんなあなたのために500万円以下の金額を運用する際におすすめの投資先をご紹介します。

金融資産1,000万円

金融資産1,000万円は1つのベンチマークではないでしょうか。

年収でもそうですが「1,000万円」と言う響きには人を惹きつける力があります。

とはいえ子育てや老後のことを考えればまだまだ心もとない金額であることも事実。

将来を見据えてさらに資産を増やしていきたいという方におすすめの投資先をご紹介します。

コラム:老後に資産はいくら必要なのか?

一時期大きな話題となった「老後2,000万円問題」。

新聞やワイドショーを賑わさない日はなかったですよね。

では、果たして老後に資産はいくら必要なのでしょうか。

以下の記事では老後に必要な資産をマクロ経済スライドの観点から分析しています。

金融資産2,000万円

金融資産2,000万円はかなりの大金です。

サラリーマンで2,000万円を貯めるのはなかなか大変なのではないでしょうか。

あるいは相続などで急に資産が増えた方もいらっしゃるかもしれません。

せっかく貯めた2,000万円なのでどうせならもっと増やしたいですよね。

とはいえリスクを取りすぎて元本割れするのは避けたいところです。

そんなあなたにおすすめのポートフォリオを以下の記事で2つ紹介します。

金融資産5,000万円

金融資産5,000万円は非常にハードルが高い水準です。

30-40代で達成するには商社やメーカーで新興国駐在を複数回経験するか、外資系投資銀行などで激務を経てようやく達成する水準ではないでしょうか。

あるいは相続などで急にお金が入ってきた方もいらっしゃる方もいるかもしれません。

ここまでくればもう少しで富裕層(金融資産1億円以上)の仲間入りです。

国税庁や総務省の調査によると富裕層以上は全世帯の2.5%程度です。

富裕層ピラミッド

参照:野村総合研究所

そんな富裕層を目指すあなたにおすすめの記事は以下の通りです。

まとめ

どんなに資産があってもそれを運用しなければ資産は増えません。

資産が増えないといつまで経っても裕福な暮らしはできません。

しかし、間違った投資先に投資すると資産が減ってさらに悲惨なことになります。

つまり、適切な投資先を選んで投資していくことが資産運用に必要な唯一のことなのです。

あなたに合った最適なポートフォリオを探していきましょう。