中国投資信託・ETF

中国投資信託・ETF <中国投信・ETFマップ>大きく経済成長中の注目国!成長をきちんと取り込むおすすめのファンドを探索。

私のブログでは国毎の投資信託や新興国全体の投資信託等様々な投資信託について分析しております。

新興国投資に興味のある方で、

「これからもまだまだ中国は経済成長するはず」

「深センは米国で言うシリコンバレー、今後も国は発展する」

「中国はキャッシュレス化が日本よりもはるかに進んでいて先進的」

「人口規模から言って、今後間違いなく世界一の経済大国になる」

という方は非常に多くいらっしゃいます。

私自身もその1人ですので、これまでに人気の中国投資信託をそれぞれ分析してきました。

結果的に「国としては魅力的だが、投資信託としてはおすすめのものはあまりない」との結論に至りました。

以下でそれぞれまとめていきます。

読者の方の資産運用の参考になればと思います。

また、中国の経済状況や株式市場については以下の記事で考察していますので参考にしてみてください。

では見ていきましょう。

中国株投資信託10商品を比較

以下の記事では、トータルリターン、標準偏差の観点で計10商品を比較検討しています。

参考にしてみてくださいね。

 

「DIAM中国関連株オープン(チャイニーズ・エンジェル)」

DIAM中国関連株オープンは主として「中国株」に投資をする投資信託です。

この点は他中国株投資信託ともちろん同様です。

DIAM中国関連株オープンの方針としては、「中国株」に投資をしつつ、「中国関連株」にもグローバルな視点で捉え、運用を実施していきます。

運用成績やリターンなどの情報は以下の記事を参考にしてみてください。

 

「チャイナ・ロード(西遊記)」

チャイナ・ロードは主として中国株式を運用するファミリーファンドです。

この点は他の中国株投資信託と同様です。

チャイナ・ロードの方針としては、中華経済圏の発展で恩恵を受けると思われる、中国に加えて、香港企業にも投資し、運用を実施する点です。

香港株式とは具体的にはは香港レッドチップ、香港H株などです。

運用成績やリターンなどの情報は以下の記事を参考にしてみてください。

 

HSBC中国株式ファンド(3ヶ月決算型)

HSBC中国株式ファンドは文字通り中国株式を主な投資対象としています。

この点はもちろん他中国株投資信託と同様です。

HSBC中国株式ファンドの方針は、マザーファンドを通して中国国内外の、「中国国内の活動」から大部分の収益を得ている企業の株式銘柄に投資することです。

運用成績やリターンなどの情報は以下の記事を参考にしてみてください。

 

HSBCチャイナオープン

HSBCチャイナオープンとはHSBC投信が運用(マザーファンドの運用のHSBCグローバル・アセット・マネジメント@香港)を委託され、三井住友信託が資産の管理をしている投資信託です。

投資対象としては文字通り中国の株式を主な投資対象とする投資信託です。

運用成績やリターンなどの情報は以下の記事を参考にしてみてください。

 

UBS中国株式ファンド

UBS中国株式ファンドは、上海証券取引所(A株、B株)、深セン証券取引所(A株、B株)、香港取引決済所の上場銘柄を投資対象としており、株式投資をメインに実行しているファンドですね。

HSBCチャイナオープンと同様、ファミリーファンド方式で運用を行っています。

運用成績やリターン、配当情報などは以下の記事を参考にしてみてください。

 

三井住友・ニュー・チャイナ・ファンド

三井住友・ニュー・チャイナ・ファンドは主に中国株式を対象に運用をする「ファミリーファンド」です。

投資方針は以下のように開示されています。

① エクセレント・カンパニーに厳選して投資します。

中国国内で事業展開している企業の中から、中長期的な運用視点に基づき、 各業種毎に競争力の強いエクセレント・カンパニーに厳選して投資します。

② 新規公開企業にも選別投資します。

中国を代表する企業の新規公開にも着目し、 選別投資することにより、より高い収益確保を狙います。

③ 外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジを行いません。

④ 実質的な運用はスミトモ ミツイ DS アセットマネジメント(ホンコン)リミテッドが行います。 

運用成績やリターンなどの情報は以下の記事を参考にしてみてください。

 

三菱UFJチャイナオープン

三菱UFJチャイナオープンは海外アジアの株式を投資対象とし運用を行なっています。

中国市場だけではなく、香港取引所でも投資を行なっています。

運用成績やリターンなどの情報は以下の記事を参考にしてみてください。

 

中華圏株式ファンド(チャイワン)

中華圏株式ファンドの投資形態はファンド・オブ・ファンズとなります。

三井住友・ニュー・チャイナファンド、UBS中国株式ファンド、HSBCチャイナオープンなどは、マザーファンドを通じて運用していますが、基本的には同様のスキームとなります。

運用成績やリターンなどの情報は以下の記事を参考にしてみてください。

 

深セン・イノベーション株式ファンド(1年決算型)

深セン・イノベーション株式ファンドは海外アジアの株式を運用するファンドですね。

中国のシリコンバレーとされている中国の「深セン」のイノベーション企業に積極的に投資するという、非常に興味深いファンドです。

深セン・イノベーション株式ファンドの投資形態はファミリーファンド型となっており、他でも分析している以下の中国株投資ファンドとほぼ同様の形となっています。

運用成績やリターンなどの情報は以下の記事を参考にしてみてください。

 

UBS中国新時代株式ファンド

UBS中国新時代株式ファンドは海外アジアの株式を運用するファンドですね。

中国籍、香港籍などの主に中国に活動拠点を置く企業等の株式を「中長期的」な成長を目指し、運用していきます。

製品、サービス、人材、ブランドなどのセクター内で競争優位の企業に投資をしていきます。

運用開始は2018年2月9日となっておりまだまだ新しいファンドですね。

UBS中国新時代株式ファンドの投資形態はファンド・オブ・ファンズとなっており、他でも分析している以下の中国株投資ファンドとほぼ同様の形となっています。

運用成績やリターンなどの情報は以下の記事を参考にしてみてください。

 

まとめ

中国の投資信託をそれぞれ紹介してきました。

国としては非常に魅力的ですが、商品としておすすめのものはなかなか見つかりませんでした。

私が自信を持っておすすめと言える投資先については、ランキング記事に詳細を書いていますので参考にしてみてくださいね。