ヘッジファンド

ヘッジファンド(私募ファンド)とは?富裕層が積極活用するその謎の実態

皆さんがファンドと言われてまず思い浮かぶのは投資信託だと思います。

しかし、投資信託はファンドの一種でしかなく、同じくファンドと呼ばれるものの一種にヘッジファンドがあります。

ヘッジファンドとは?投資信託とは違うのか

ヘッジファンドと投資信託が何が異なるのか、という点について詳しく解説しています。

ヘッジファンドと投資信託の手数料体系の違い

ヘッジファンド(私募ファンド)は投資信託のように公募ではなく、手数料情報もなかなか表に出てこず、

実績もわからないのでただただ「謎」の存在なのではないかと思います。

確かにロスジェネ世代の私の周りでも、多くの人が投資信託を購入し右往左往しており、

ヘッジファンドを推奨しても「馴染みがないから」という理由だけで、

友人に勧められた投資信託を購入し、損を被っている人が多数いますので、

なかなか手数料体系などを理解している人はおりません。

そこで、ヘッジファンドと投資信託双方に投資経験のある私が、双方の手数料の違いを解説していきたいと思います。

おすすめのヘッジファンド

私が現在最も注目している新興国は中国です。

中国は経済が成長し続けているにもかかわらず株式は割安のまま放置されています。

具体的にはこの10年間GDPが3倍に拡大しているにも関わらず株式市場は20%程度しか上昇していないのです。

基本的に株価は経済成長率と相関するため、何かきっかけがあれば中国株式市場は急騰することでしょう。

GDPはいずれ米国を上回るとされており、順調に経済成長を続けています。

また中国共産党は2035年までに1人あたり平均GDPが中等先進国のレベルに到達することを目指しています。

今後も経済成長を遂げることが見込まれ、それに伴って株式市場も成長するでしょう。

そんな中国の成長を取り込もうとするファンドが「オリエント・マネジメント」です。

ファンドマネージャーは東京大学卒業後外資系金融機関出身で腕を磨いてきた凄腕です。

これまでに日本株や新興国株式投資で輝かしい実績を残してきており、満を持して中国株式投資に乗り出しています。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

まとめ

ヘッジファンドは正しく利用すればリスクを抑えて大きなリターンを得ることができます。

皆さんの資産が増える手助けになれば幸いです。