おすすめ資産運用・投資先

【1,000万円資産運用】投資ポートフォリオは何が正解?社債?定期預金で元本保証?

ヘッジファンドサムネイル

1,000万円の資産運用については先の記事でおすすめ投資先を紹介しましたが、

ヘッジファンドなどでの資産運用はなかなか日本では馴染みにくいことが様々な人の話を聞くとよくわかります。

 

自分が資産運用を考える際も、

この投資先は本当に正しいのか?と思うことが多々ありました。

 

今回は一般的な意見を例に、資産運用歴が長い私の見解と、

1,000万円を運用する際のおすすめのポートフォリオを紹介できればと思います。

 

資産運用を始める際の心構え

1,000万円という資産は大金ですよね。

投資するにもどうしても慎重にならざるを得ないですし、なるべきだと思います。

 

資産運用方法をおすすめする金融機関の方々は自信満々に営業トークをしますので、

その場で信じて投資をし始めてしまうことがありがちです。

しかしその運用先は本当に確固たる実績を出しているのでしょうか?

 

多くの人が購入する投資信託などは、しっかり調べると運用成績がよくないものばかりです。

あなたが投資することで、利益を得る人を想像してみましょう。

 

投資信託などの商品は「とにかくお金を大衆から集めれば」儲かる仕組みになっているのです。

そのような仕組みとなっている運用先に、あなたの大事な資産を預けてしまうのはやめた方が良いでしょう。

 

一般的に、1,000万円の資産がある人はどのような悩みがあるのか?

資産運用をするにも、周りの意見が気になるのが本音でしょう。

私自身は過去アセットマネジメント会社に勤めており、仕事が金融商品の組成だったため

運よく自分の資産運用も順調にできていますが、

そのような環境にいない人には確かに資産運用は難しいと思います。

 

例えば、Yahoo知恵袋には以下のような質問が多く見受けられますね。

1000万円の運用について

今日時点で比較的自由に使えるお金が1000万円あります。今まで気にせずに普通預金に預けていましたが利息が微々たるもので意味が無いと思いました。

これから運用として回したいと思います。
損失が大きく出るのは好ましく無いですが少しのリスクは取ることは問題ないです。

色々な方法があると思いますが、みなさんなら今から始める状況で考えられる選択肢はどのようなものがありますか?

 

これまで普通預金に預けていた資産を、少しはリスクを取りながら運用するにはどうすれば良いかということですね。

 

私はこの質問に対する回答に驚愕しました。

☆例えば、

・株
・外貨預金
・FX
・金、プラチナ

・・・などに投資する場合は、

(例1)
1000万円を預けたら、
値上がりしたので、1年後には1015万円になっており、
15万円のもうけ。

(例2)
1000万円を預けたら、
値下がりしたので、1年後には535万円になっており、
465万円の大損・大赤字。

・・・となる場合もありますが、
それでもOKですか?

→もし、
「お金が減ってしまうのは困る!」ということなら、

定期預金など、
損しないものにしたほうが無難なのですが・・・。

 

 

株は相場が荒れると1/3とかになる。投信もリーマンの時は半値になった。いずれもそうなった時に売らずに持っていられるかが問題。
そうでないなら利回り1%程度の社債を狙うか、もっと確実を望むなら国債のキャンペーン狙いか位でしょう。

 

 

社債かな。
新発債、既発債で探して利回り1%程度ならすぐに見つかりそうですが、どうでしょうかね。
社債にも種類が色々有るので、募集要項や目論見書をよく読んで下さいね。

 

 

自分なら株かな。

長期保有なら配当利回りが良くて、株主優待がある銘柄。短期なら動きの大きな銘柄。(上げも下げも大きな銘柄)

 

ここまでの回答で、

最終的に出てきた提案が定期預金、利回り1%程度の社債、

チャレンジングなもので、株、外貨預金、FX、金、プラチナです。

 

Yahoo知恵袋を一般的な意見だと捉えるのは少し過剰かもしれませんが、

このような回答がありふれていることに驚きました。

 

日本は海外に比べて金融を学ぶ機会が著しく少ないため仕方のないことかもしれません。

それにしても悲しいことですね。

 

元本保証の定期預金や低利回り1%の社債で1,000万円を運用するとどのように推移していく?

上記の回答で出た定期預金や利回り1%の社債で運用をすると、

資産はどのように推移していくのでしょう?

 

もうお分かりの通りほとんど意味がない運用となり、

ただただ資産を塩漬けしただけになってしまいます。

以下は定期預金で1,000万円を運用した際の推移です。

1000万円を年率0.15%で運用

 

 

30年で44万円ほどの収益を手にすることになります。

1,000万円を預けて、一般サラリーマンの1ヶ月分程度の給料を30年間掛けて稼ぎ出すことになります。

 

次に利回り1%の社債で1000万円を運用した場合です。

1000万円を年率1%で運用

 

30年で334万円、1年で10万円程度の収入ですね。

資産運用会社で働いていた私としては、これが一般的な意見であるとすると悲しく思ってしまいます。

 

ここからは私がおすすめする1,000万円の資産運用ポートフォリオを紹介したいと思います。

 

1,000万円おすすめ資産運用ポートフォリオ

私がおすすめしているヘッジファンドは以下の記事で2つ紹介していますが、

1つは今経済成長の真っただ中にある中国へ投資する「オリエント・マネジメント」、

もう1つは大きなリターンを狙う新興国投資ファンド「フロンティアキャピタル」です。

 

最低出資額が共に500万円となっていますが、

担当者と相談すればもう少し低い出資額も可能です。

私であればまずは500万円ずつ出資するところから始めます。

 

1000万円を運用する際、定期預金は30年で44万円、社債1%は30年で334万円の収益でした。

しかし2つのヘッジファンドに出資し、

オリエント・マネジメントの目標利回り10%

新興国ファンドの利回り目標15%で運用した場合、

半分の15年で約4,000万円のリターンが見込めます。

 

これを下回り3,500万円でも十分すぎる水準だと思います。

 

この記事のまとめ

この記事では1,000万円の資産運用を考えて実際に悩んでいる人の声を取り上げ、

その上でおすすめの資産運用ポートフォリオを紹介しました。

投資は「複利」の効果が大きく、早く始め、長く運用すればするほど大きな資産が築くことができます。

 

上記では15年や30年という非常に長い期間を設定していますが、

人生はあっという間に時間が過ぎてしまいます。

 

資産運用はできるだけ手間を取らず、

プロに預けて運用してもらい着実にリターンを出すことに集中し、

私たちは毎日の仕事で成果を出し、家族を幸せにすることに時間を使っていきましょう。

 

資産を大きく増やすのに適した今まさに飛躍の時を迎える投資先!
新興国投資信託

おすすめファンドランキング
昨今新興国の勢いは留まるところを知らず、世界のGDPに占める比率は50%近くに達し、更に高い成長率を維持して世界経済の中で存在感を年々高めています。

当然、経済成長に伴って企業の収益成長率も世界の成長率を大きく上回っています。

先進国と新興国の経済成長率の差

しかし、2010年代は先進国株が堅調に推移したため、新興国企業は収益を伸ばしているにもかかわらず株価は低迷していました。
結果的に新興国株式の割安度は高まりつづけています。

新興国株式は割安

現在はいわばマグマが溜まっている状態で、2020年代は2000年代に堅調だった新興国株の時代が再び来ると想定されています。

とはいえ適当に選んだ新興国に投資しただけでは大きなリターンを得ることはできません。
新興国の中には投資環境が整っていない国や政治的に不安定な国が数多く存在しているからです。

新興国投資で大きなリターンを得るためには、

✔︎ 成長力・企業成長力が高い
✔︎ 株価が上昇するのに適した経済水準
✔︎ 株価が割安
✔︎ 現地の情報が得られる敏腕ファンドマネージャーが銘柄を厳選

などといった条件を満たす必要があります。

特に最後の観点が抜け落ちがちなのですが、やはり腕利きのファンドマネージャーが運用しないとなかなか市場平均を上回る高いリターンを望むことができません。

いわゆる大企業が運用する投資信託はマネージャーがサラリーマンとして雇われの身であり、結果にコミットするという観点では物足りない部分があります。

そのため、私は運用を任せるのであれば本物のプロとして己の腕一本でのし上がっているヘッジファンドが効果的であると考えています。

以下では長年新興国株投資を含めて投資を行なってきた私の経験や知見からヘッジファンドを含めておすすめできるファンドをお伝えしています。

新興国投資で大きなリターンを得たいと考えられている方は参考にしていただければと思います。

おすすめファンドランキング